統合失調症(無気力になったり、妄想が激しくなったり、幻覚をみたりするそうです)だと診断された場合、車の運転はできるのでしょうか? 結論からいうと、統合失調症(無気力になったり、妄想が激しくなったり、幻覚をみたりするそうです)だと車の運転をすることはできません。 では、なぜ統合失調症の場合には、車の運転が禁止されているのでしょう? それは、統合失調症(無気力になったり、妄想が激しくなったり、幻覚をみたりするそうです)の人は適切な判断や認知が不可能だという問題があるからです。 例えば、運転中に他人には見えないものが見えたり、聞こえない声が聞こえたりすると、安全運転をすることができませんよね。 事故を起こす可能性が極めて高いと判断されるため、統合失調症だと車の運転ができないのです。 また、運転免許を取得した後に発症した場合は、医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)から警察に連絡がいくようになっています。 その為、運転免許を持っている状態で統合失調症だと診断されると、運転免許の停止や取り消しになってしまうでしょう。 統合失調症だからという理由で車を運転できないのは、おかしいと思う人もいるかもしれません。 でも、自分はもちろん、他人を守るためにも運転しないようにされて下さいー